社会保険関連の数字をアップデートしました

2021年1月1日より、スイスでは社会保険による育児休業補償が父親にも導入されました。
子供の誕生から6か月以内の育児休業には、1日あたり196フランを上限として、社会保険対象給与の80%相当額が14日間支給されます。

この財源確保のため、2021年1月1日より、略してEO(Erwerbsersatz)と呼ばれることの多い社会保険の保険料率が引き上げとなりました。
2020年までしばらくは雇用者・被雇用者ともに0.225%ずつの負担であったこの保険は、今年はそれぞれ0.25%、両者合わせて0.5%の保険料率となります。

アップデートしました2021年の社会保険の保険料率、各種の制限額はこちらをご覧ください。

 

広告